鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


5/2に息子たっての希望と言う事で4月にオープンしたばかりの京都鉄道博物館に行ってきました。この日はGW中の平日でしたが、息子は4月の土曜日参観日の代休と言う事で、比較的空いているだろうと思って出撃しました。そう、これは家族サービスなのです!
IMG_4713.jpg

通常は10時開館ですが、GW期間中は9時30分の開館となっている様で、9時45分に着いたらもう列が出来ていました。
それでも10分ほど並んだだけで入場できたので、やはり平日朝から出かけたのはアタリだった様です。
これから出かける人は、是非前売り券を購入してから出かける事をお勧めします!
入場後最初に出迎えてくれるのはプロムナードの0系新幹線、80系電車、C62-26号機です。
IMG_4715.jpg

C62は弁天町からこちらへ移ってくるにあたって、再塗装した様で、半光沢塗装で渋みが増していました^^
DSC02461.jpg

80系電車はピカピカの光沢塗装で、新車の様な輝きでしたよ。
DSC02462.jpg

内張も木目が綺麗な木製で、今の味気ない樹脂製の内装材とは趣が全然違いますね。
DSC02464.jpg

続けて旧型客車です。
こちらも弁天町からの移籍組のスシ28です。
IMG_4772.jpg

こちらも内装は木製となっています。
IMG_4762.jpg

4人掛けのテーブルが2列に並んでいます。
IMG_4758.jpg

小豆色のカウンターがなんだかオシャレです。
将来製作予定のマシ38の内装を作るのに参考になりそうです^^
IMG_4763.jpg

こちらは同じくスシ28の喫煙室です。
IMG_4760.jpg

続いて同じく旧型客車のマロネフ59です。
ずーと、床下を覗き込んでいる人がいて、待ってたのですが、いつまで待ってもどいてくれないので諦めて撮りました。
いや、気持ちは良く分かるので、良いのですが・・・、またリベンジ撮影しに行かなくちゃ^^;
IMG_4770.jpg

この車両は1等・2等合造寝台車で、戦後進駐軍の接収を経て、今上陛下が皇太子時代に使用していたそうです。
実は現在制作中のマイロネフ38が等級改正後に改称されたものがマロネフ59だったりします。
DSC02473.jpg

なので、こちらも内装を良く観察・記録しておきたいと思います。
DSC02468.jpg

もちろん外装だって。ちょうど妻面の縦樋がどの様に付いているのか良く分からなかったので観察しておきます。
DSC02467.jpg

こちらの展示車両は等級帯の塗色が札差の枠まで塗られているのですね。
以前見学したリニア鉄道間のマイネ40やオロネ10は札差の枠はボディと同色だったのですが、どちらが正しいのでしょうね?

お次はDD54、旧西ドイツから技術導入して作られた機関車で、日本離れした顔ですよね。
DSC02477.jpg

弁天町に引き続き食堂営業しているナシ20を従えて展示されています・・・ってアレ?なんだか違和感が。
DSC02481.jpg

これどう見ても手摺りがひん曲がってますよね?
早速不届き者が出たのでしょうか?・・・大好きな機関車なので残念です。
DSC02479.jpg

ちなみに弁天町時代にDD54と並んで展示されていたDF50は津山まなびの鉄道館に転属した様です。 つづく
コメント
この記事へのコメント
完全にお父さんの、たっての希望ですね(笑)
何時かは行きたいので、続きを楽しみにしてます。
2016/05/04(水) 19:16 | URL | 原鉄 #fx0fiC4s[ 編集]
こんばんは、原鉄さん^^
いえいえ、本当に息子たっての希望だったんですよ(笑)
もちろんお父さんの希望も入り交じっていましたがw
でも久々に息子孝行ができてよかったです^^

言わずもがなですが、行く価値大ですから、是非機会を作って行ってみてください!

2016/05/05(木) 21:58 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/744-35dc2ec7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄