鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉松を出発した列車はすぐに真幸(まさき)駅に到着します。
この駅はスイッチバックになっており、発車する時には進行方向が逆になっています。すぐに折り返し線の終端につく列車はここで再び方向転換して矢岳方面へと向かいます。
20050817103.jpg
折り返し線で方向転換した列車から、再び進行方向に真幸駅が見えます
スイッチバックとは急勾配の路線で、短距離で高低差を稼ぐために、ジグザグに進んで行くものです。ちょうどスノーボードの木の葉みたいな感じですかね^^;
知識としては知っていたのですが、何も無いところで列車が停まり、運転士さんがブレーキレバーを握りって反対方向の運転台へ歩いて行く様を見ると不思議な気分になりました^^
20050817104.jpg
さきほど停車した真幸駅を眼下に見下ろして
真幸ー矢岳間には日本三大車窓の一つとして名高い区間があります。
吉松までは晴れていたのですが、山の天気は変わりやすく今にも雨が降り出しそうです^^;
20050817105.jpg
日本三大車窓の一つ、矢岳越え
この絶景が見える場所で、良く景色が見える様に一旦列車を停止させてくれます。さすが観光列車ですね^^
絶景を堪能した後は矢岳駅で十分ほど停車します。なんで?と思ったのですがすぐにその謎は解けました。
20050817108.jpg
いさぶろう・しんぺい号は矢岳駅にて10分ほど停車します
駅からちょっと離れたところに建物があり、その中にはなんと人吉越えの重装備を纏ったD51がいるではありませんか!!
20050817106.jpg
大切に屋内で保存されています
20050817107.jpg
建物の奥から見上げると、まるで出庫を待つ機関車の様に見えました
このD51は屋内で大切に保存されており、まるで復活の時を静かに待っているかの様でした。

矢岳を出てループ&スイッチバックを抜けると大畑駅に到着です。この旅行に行った時、ループ&スイッチバックが隣接して設置されている事の重要性が今イチ理解しておらず、残念ながら写真も撮っていませんでしたTT 20050817109.jpg
大畑駅の駅舎
大畑駅でも数分の停車時間があり駅舎を散策する事が出来るのですが、この時はあいにくの土砂降りだったので、列車からは出ませんでした。
やがて列車は終点の人吉へ・・・
20050817017.jpg

20050817016.jpg
人吉駅にある機関庫

人吉からこの日の宿泊地である熊本には一本で行けますが、今回はあえて八代駅で下車します。理由は・・・

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/71-a10c07a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。