鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


私は国鉄型の車両が大好きですが、実はJR貨物のハイテクロコ系も好きだったりします。基本的には機関車が牽引する列車が好きなのですが最近では機関車の新製は貨物機だけになってしまっています。
そんな訳でKATOが発売したEF510は気になる存在ではあったのですが、慢性的な軍資金欠乏症の為、見送るつもりでいました。しかしJAMの時にKATOブースでみたEF510はとても出来が良く、試作機だけでも買おうかなと思っていました。
2006_09110011.jpg
EF510-1 & EF510-5
このEF510は試作機として登場した1号機と2号機以降の量産型で形態が若干異なっておりKATOのEF510もそれに準じて試作機と量産機の両方が発売されたのです。
JAMで物欲を刺激された状態で北陸旅行に出かけたら、高岡駅にEF510-5が構内に留置されていました・・・ほしい
当初は試作機を買おうと思ってました。私は試作機とか先行量産型と言う言葉に弱いのです^^; しかし高岡で見た5号機を再現したいと思い、模型店への道中では量産型を買う事にしていました。お店に着いて量産型を注文すると、おばちゃんが棚から製品を取り出してくれます。その時に1号機がチラリと見えたのが運の尽き、「 おばちゃん、1号機も見せてー」見たら欲しくなるのが人情。結果は一番上の写真の通りですハイ^^; 両方購入しちゃいました(笑)
2006_09110014.jpg
左が試作1号機、右が量産型5号機です
この製品は1号機はナンバー取り付け済みで、後付け部品は誘導員手摺のみ。一方量産型はメタルインレタ貼付けとなっていました。製造番号はもちろん高岡駅で見かけた5号機にしました。ちなみに解放テコは別部品ですが最初から取り付けられており楽ちんです。
2006_09110015.jpg
高岡駅で見かけたEF510-5にしました^^
2006_09110017.jpg
試作機と量産機の違いは、前面フックの位置、ヘッドライトケース向き(外寄り)の違い、車体裾白帯の太さ、解放テコの形状、前面手すりや区名札差しの位置、乗務員扉上の水切り表現(凹部に隣接) 、乗務員扉手すり長さ、そして”RED THUNDER”ロゴの有無です。
なおこの製品で始めて日本型ナックルカプラーが標準装備となりました。あえて日本型と言っているのは、自動解放機能が省略されており、また日本の家庭事情に合わせて急カーブでも対応出来る様にシャンクがUSに比べて長くなっているからだそうです。時間が有れば全前面側はUSナックルカプラーかダミーカプラーに換装したいと思います。
参考までに高岡駅で撮影したEF510の写真を掲載しておきます。IMG_1581.jpg

IMG_1579.jpg

IMG_1577.jpg

コメント
この記事へのコメント
 Atsushiさん、こんにちは。
 久々のアップ、奥様もお子様も順調のようですね。
 新型電気機関車、かっこいいですね。息子も行脚の帰りに金太郎を見て喜んでいました。
 新型電気機関車スパイラルに陥ると財政が破綻してしまうのでしばらくは静観です。
 写真と比べても非常に精巧ですね。
2006/09/12(火) 11:12 | URL | やま♪ #VOPz3P1U[ 編集]
こんばんは、やまさん。
おかげさまで母子共に明日退院の運びとなりました^^
明日の午前中に義父母が迎えに行ってくれる様なので今日のうちに嫁さんお気に入りの店で大好物のケーキを買っておきましたので準備もばっちりです^^

KATOのEF510は本当に良く出来ています。特に解放テコの作り分け等は感動ものですよ^^
現在のKATOの技術の凄さが良く解る一品であると共に、そのKATOの入魂の作となるであろうC62への期待が益々高まります^^

私も一昨年くらいに出張で東北本線の栗橋に行った際にホームでボーとしていると突然金太郎がやってきてびっくりした覚えがあります。
普通の機関車でも強烈な存在感を醸し出しますがH級電機の存在感は半端では無かったです。

2006/09/12(火) 22:44 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
 Atsushiさん、こんにちは。
 KATOの機関車といえばC11が来年1月に再生産されるみたいですね♪楽しみです。
 先日発売されたC57もあっという間に完売ですし蒸気機関車人気、すごいですね。C62も日々、情報チェックして買い逃さないようにしないと^^;。
2006/09/13(水) 10:54 | URL | やま♪ #VOPz3P1U[ 編集]
こんばんは、やまさん。
C11再生産ですか?それは楽しみですね。
私は以前に1両購入しているので、蒸機についてはC62に1点集中したいところです。
最初に発売されるのが山陽線仕様なので20系ブルトレにぴったりですね^^
C62については私も全方位にアンテナを張り巡らせて情報収集にあたります。何か判りましたらご連絡致しますね^^
2006/09/13(水) 22:15 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
Atsushiさん、こんにちは。
このナックルカプラーはちょっと長めなんですね。初めて知りましたが、パーツを買えばいいと思っていた私にとってはちょっとショックでした。USナックルはなかなか手に入らないんですよねー。。。

ところで、来春発売と言われているKATOのC62ですが、20系客車にピッタリなんですか!これは手に入れなければ!(^^;)

いろいろな情報をありがとうございます。
2006/09/14(木) 17:19 | URL | taka@ #/SZyEhbw[ 編集]
こんばんわ、takaさん^^
そうなんですよ、この日本型ナックルカプラーはかなりシャンクが長いんです^^;
USナックルのロングシャンクとショートシャンクの中間くらいにしているとKATOの人は言っておられました。
たしかに今、USナックルは市場在庫が尽きていて入手困難な状態が続いていますね^^;
私は偶然大阪のジョーシンで見つけて、店頭にあった8袋すべて大人買いしました(笑)
カプラーコーナーを探していて無かったので諦めていたのですが嫁さんがassyコーナーで見つけてくれました^^

KATOのC62ですが、私も何故あえて山陽線仕様から出すのかな?と思っていました。
普通ですと”つばめ”や”はと”で活躍していた東海道仕様や重装備で人気の北海道仕様から来ると思いますから。
ただ某掲示板で、KATOは20系に思い入れがあるから山陽線仕様から出るのも不思議ではないとの発言があり妙に納得した次第です。
私的には常磐線仕様も捨てがたいですね。C62最後の特急仕業である”ゆうずる”を再現してみたいです。

C62については砂撒き管内型、外型の違いや37号機以降の汽車会社製など色々な形態があるので悩ましい所です。
弊ブログの広告欄に掲載している”C62「団塊の蒸気機関車」が参考になると思いますよ。
1号機から49号機までの略歴や代表的な列車の編成表まで掲載されています^^
2006/09/14(木) 21:48 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/67-f9fdc837
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄