鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


バタバタしていて少し間が開いてしまいましたが家族旅行呉編です。

宮島から呉に移動して、前回の呉訪問時に時間切れで見損なった海上自衛隊の広報施設「てつのくじら館」を見学してきました。
DSC01262.jpg

場所は大和ミュージアムの向かい側、実物の潜水艦が目印なので誰でも一目でそこがそうだと判るでしょう(笑)
そう「てつのくじら」とは潜水艦の事なのです。

DSC01210.jpg

この広報施設は世界最高の練度を誇る海上自衛隊の掃海部隊と潜水艦に関する展示がメインになっています。

なぜ海上自衛隊の掃海部隊の練度が高いかと言うと実は自衛隊で唯一実戦経験があるのが海上自衛隊の掃海部隊だからなのです。
彼らの最初の仕事は第二次大戦中にB29によって日本近海にバラ撒かれた機雷を除去する事だったからです。
彼らの活躍が無ければ貿易もおぼつかず戦後の回復と発展は相当遅れたと思います。
その実力は海外平和協力の一環として派遣されたペルシャ湾での機雷除去でも遺憾なく発揮されたのでした。

そしてこの展示施設のもう一つの目玉は”鉄のくじら”たる潜水艦です。
退役した潜水艦をまるっと展示しており、内部も自由に見学が出来ます。ずらりと並ぶパネル計器も景気よく公開されていましたが、深度計だけは見る事は出来ませんでした。潜水艦にとっては潜水能力に関する情報は最高機密ですからね。
DSC01238.jpg

潜望鏡もこのとおり、実際に呉を見渡す事が出来ます。なかなか潜望鏡を覘くなんて経験は出来ませんから貴重な機会となりました。
DSC01227.jpg

そして潜水艦での食事。朝食、昼食、夕食に夜食。彼らは一日四食、食事にかける予算は自衛隊中で潜水艦が最も優遇されているそうです。
DSC01215.jpg

この双眼鏡は攻撃機を3機搭載していた第二次大戦当時世界最大であった旧帝国海軍の伊400型のものだそうです。
DSC01239.jpg

潜水艦って海上に浮かんでいる姿は上側のほんの一部、まさに氷山の一角と言う感じなので、こんな形で全体を見渡すと改めてその大きさに驚かされますね。
DSC01244.jpg

間近から見上げるとより一層その巨大さに圧倒されました。
DSC01242.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/650-5c6e9d93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄