鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここに来て、真鍮工作を始めようと思った直接のきっかけは天賞堂のプラ製スハ44系を購入して、東海道型の2号機が欲しくなったことです。ブラス+カンタムの完成品は恐ろしく高いうえに市場には無く、現実的にはキットを組む以外に方法がないからです。その際にいろんな情報を教えていただき、背中を押してくださったのがこの方でした。
将来アダチの蒸機を組む際には参考にさせていただきたいと思いますm(__)m

とりあえず作業を始める前にカツミのハンダ付け工作「入門編」と「中級編」は一通りみました(笑)

まず最初に荷物用ドアを付けていきます。
IMG_1597.jpg

同じく乗務員用ドアを。思ったよりも簡単に進んでいきます^^
IMG_1596_20130116234620.jpg
全てのドアが付きました。
IMG_1595.jpg

確かに経験者の方から言われていたとおり、ハンダはやり直しの出来る瞬間接着剤ですね。パテにもなるし慣れるとプラキットよりもサクサク進められそうな気がしました^^

取りあえず今日はここまで、ボチボチと進めていきたいと思います^^
あ、アドバイスは大歓迎ですのでよろしくお願いしますm(__)m
コメント
この記事へのコメント
おはようございます。

順調にスタートしましたね♪

車輛を載せられるサイズのベーク板、HOサイズってお高いですよねぇ。
ウチはNサイズしかないので大きなサイズも欲しいのですが。。。^^;
2013/01/20(日) 10:04 | URL | 目黒のダンボ #QjtTlS4.[ 編集]
こんばんは、ダンボさん^^

キットを製作するための工具・冶具はそれぞれにそれなりのお値段で、ジワジワとボディーブローの様に私の財政を悪化させました^^;

金属用のニッパーやヤスリも結構なお値段でした(泣)
2013/01/21(月) 00:05 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
車端の乗務員扉のある側の妻板は先に付けた方が良かったのでは?
先に扉を付けてしまうと、妻板の裏側にコテが入りません。
2枚目の写真の様に窓の周りにはみ出した半田は、綺麗に除去したほうがいいですよ。
後々、サッシとか窓ガラスセルを貼る時に、半田の取り残しがあると、浮いて隙間が出来てしまいます。
2013/01/21(月) 18:59 | URL | 原鉄 #fx0fiC4s[ 編集]
こんばんは、原鉄さん^^
いろいろとご指摘有難うございます^^
確かに妻板は裏側にコテが入らないです^^;
でも妻板を先につけたら今度はドアを付ける際に同じ様にコテ先が入らないのでは??

窓裏のハンダは仰る通りですね。
しっかりとキサゲで除去します^^;
2013/01/21(月) 23:13 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
おはようございます。
早速の工作開始、おめでとうございます。
ハンダの流れた痕を見ると、もう少し加熱してサラサラ流していけば、キサゲが減ると思います。
加熱し過ぎると側板が反るので程度が難しいのですが。
あと、原鉄さんも書かれていますが、妻板の方がドアより大きいので蓄熱量があり、妻板を付ける時にドアが泳いでしまいます。
ドアパーツは予め接着予定箇所にハンダを載せておく「ハンダめっき」で付けると、ドアパーツを加熱するだけでペチャっとくっ付きます。
製作中にゆがんでしまうのを避けるため、箱モノは箱組みを優先した方が良いかも知れません。
2013/01/22(火) 06:49 | URL | Salam #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは、Salamさん^^
アドバイス有難うございます。
たしかにドアパーツはハンダメッキしておけば、妻板を取り付けた後からでも簡単にハンダ付け出来そうですね!
目から鱗でした^^

実はもう妻板をつける作業は済んでいまして・・・ガッツリとキサゲる羽目になっちゃいました。
次回作からアドバイスを活かしたいと思います^^;

熱のかけ方は慣れるしかないのでしょうね。
こればっかりはやってみて感覚を掴むしかないと思いますので頑張ってみます!
2013/01/22(火) 23:33 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/594-9cc5e977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。