鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


北海道四日目はこの日の宿泊地である登別へ向けての移動となります。
まずは小樽から洞爺湖へ向けて移動するわけですが、途中には小樽市街を一望出来る展望台がありました。
IMG_0712_20121021124309.jpg

スケールの大きな景色です^^
朝小樽港へと入港してきたフェリーも見えました。
IMG_0714.jpg
快適な道が続きます。
矢印の標識は積雪時の為の道路境界の目印でしょうか?
正面には綺麗な円錐形の山が。このあたりは火山が多い地形なので綺麗な形の山が多いです。
IMG_0721.jpg

変化に富んだ雄大な景色が広がり見ていて飽きません。
IMG_0726_20121021125711.jpg

ニセコ富士の別名で有名な羊蹄山をバックに移動に活躍してくれたアクアを撮影。
残念ながら山頂は雲に隠れてしまっています^^;
IMG_0739_20121021130745.jpg

この日は場所を変えても常に山頂には雲が掛かってしまっていました。
それにしてもニセコ富士の名に恥じない綺麗な山ですね!
IMG_0744_20121021125710.jpg

洞爺湖のそばを通る国道230号線沿いにあるサイロ展望台からの眺めです。
IMG_0775_20121021125710.jpg

洞爺湖に浮かぶ中島と有珠山を一望出来ます^^
IMG_0763_20121021125710.jpg

噴火の度に有珠山がその山容を大きく変えてきた変遷がわかります。
火山に興味を持っている私にはたまりません!
IMG_0767_20121021132208.jpg

次に向かったのは昭和新山です。
IMG_0781_20121021131940.jpg

有珠山ロープウェーからは昭和新山を見下ろすことが出来ます。
IMG_0809.jpg

IMG_0813.jpg

サイロ展望台で見た有珠山の山容変化のパネルにも驚きましたが、あくまでも遠景の変化であり、より間近と言うより目の前の光景が激変すると言うのは驚異としか言い様が有りませんでした。
IMG_0821.jpg

IMG_0823.jpg

昭和新山の麓には熊牧場が有ります。
多くの熊たちは二本足で立ち上がって手を合わせる様な仕草をして餌をねだるのですが、こいつは寝そべりながら片手を挙げて、「お~い、母さんお茶」とでも言いたげなずぼらな感じの熊でした(笑)
IMG_0827.jpg

それにしてもこの昭和新山は本当に小さな山です。
印象的にはディズニーシーのプロメテウス火山の様な大きさです(笑)
もっともプロメテウス火山の標高は51mですが、昭和新山は175mと3倍以上も高いのですが。
IMG_0829.jpg

昭和新山のあとはそのまま宿泊地の登別温泉へ。
巨大な鬼の足元には・・・
IMG_0839.jpg

蝦夷じかの親子がいました(見えますか?)
IMG_0840.jpg

ホテルで部屋食を頂いて、温泉を堪能しながら北海道での最後の夜を過ごしました。
IMG_0846_20121021133715.jpg



コメント
この記事へのコメント
戦時中に火山活動で出来た昭和新山、胆振線のルートを変えたのだそうです。
ほぼ30年周期で活動が活発になる有珠山、この次は?
洞爺湖温泉も登別温泉もかつての賑わいに陰りが見えていると聞きましたが、また遊びに行ってあげて下さい。
2012/10/23(火) 20:42 | URL | おやまぁ #CWJVHWjk[ 編集]
こんばんは、おやまぁさん。
返信が遅くなり申し訳有りません。
前回の有珠山の噴火活動でも国道が寸断されたりと大変でしたよね。
自然の驚異と言うか脅威を感じました。
登別温泉では中国人のツアー客が・・・
あれでは日本人客は離れていってしまうでしょうね。

有珠山周辺には時間の都合で見れなかった場所がたくさんあるのでまた北海道に行く機会があればもう一度訪れたいですね。
今度は洞爺湖温泉かな?
2012/10/25(木) 21:39 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/581-0f3864d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄