鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日記事を書いた静岡ホビーショーに行った一番の目的は鉄道模型の新製品(先日の丸栄では発表されなかったもの)を確認する事でしたが宇宙戦艦ヤマト2199関連商品がどうなっているのかも気になっていたのでした。
先月くらいのホビージャパンで1/1000の統一スケールでヤマト以外にもシリーズ展開するという事が書かれていたので、じゃあ実際のところどうなっているのかバンダイの中の人にも聞いてみようと言う事で行ってきました。
早速バンダイのブースに行くとダンボール戦記とガンダムAGEが前面に展開されていました。
やはりガンダム関係強しでZやUCなどの展示もかなり目立っていました。

で、肝心のヤマトコーナー。ちゃんと有りましたよ!
IMG_5738.jpg

バンダイの中の人はちゃんと技術班のユニホームに身を包み、真田さんばりに真剣に説明されていました。
彼の正面にあるヤマトが2199版の1/1000ヤマトです。
IMG_5585.jpg

2199ではオリジナル版にあった矛盾を可能な限り修正すると言う事を聞いていましたが、その一つの艦載機の収納方法についての検証内容を丁寧に説明してくれました。
オリジナル版では棚に収容されていましたが、スペース的にはどうやっても10機程度しか収容出来ない事を検証用にわざわざ1/500のモデルを利用して確認したそうです^^;
しかし劇中では30機以上の艦載機が獅子奮迅の活躍を見せていました。
この矛盾は解消しなければならない!
で、2199版では全長も伸ばし全体的にサイズアップされているそうです。
で、さらに艦載機は下の写真の様にターレット方式で収納され一つの棚の上下に艦載機を固定する事でちゃんと30機の艦載機を収められる事を確認したそうです。
下の写真を見ても分かる様にこのキットはメカニックモデル的な要素も含んでいるそうです。

IMG_5596.jpg

このターレット式格納庫は艦体から取り外して台座上にディスプレイする事も可能だそうです。
取り外した部分は空っぽになってしまいますが、「こんな事もあろうかとこのキットはスナップフィット形式になっていて、そんな時は装甲板を取り付ければ大丈夫です」と中の人が真顔で説明されていました(笑)
IMG_5594.jpg

冥王星会戦で敗れた地球艦体もサンプルが展示されていました。
こうやって見ると2199版の沖田艦(きりしま)は結構格好良いですね。
そして古代艦(ゆきかぜ)はかなり小さいです。昔のメカコレよりも小さいかも^^;
IMG_5739.jpg

各種ガミラス艦もこの通り。格好良いですねぇ。
IMG_5587.jpg

これまでモデル化されていなかったシュルツ艦も検討されているそうです。
IMG_5588.jpg

いやいや、本当にシリーズ展開が楽しみですねぇ。
それにしてもこのバンダイの中の人。ヤマト愛に溢れる人でした。
ご本人はガンプラが凄いと思ってバンダイに入社されたそうですが、話的にはヤマトの方が好きなんだと仰っていました。 きっと自ら説明員を買って出たんでしょうね。

今回ヤマトシリーズでは初めて1/1000と言う統一スケールでのシリーズ展開となる様です。
なぜ1/1000なのか?についてもきちんと説明されていました。
先にも書いた様にヤマトの設定が変更されて大きくなっていて、1/1000でも30cmを超えてしまいます。
シュルツ艦はさらに大きいし、三段空母などは40cmに達してしまうので、1/700では絶対に会社は躊躇して出せないと思ったので1/1000になったそうです。
確かにヤマト等の大型艦をコレクションするには手頃なサイズだと思いますし、洗練されたデザインを元に立体化されるのでシルエットも美しいです。
この手のシリーズは製品として超絶ディテールを目指すよりも美しいシルエットを追求してもらった方が良いと思います。

で、2199版のヤマトシリーズ。
こうやってサンプル展示はしているものの、ガンダムの様に黙っていてもみんなが買ってくれて、マイナーなMSまで発売されると言う訳にはいかない様で、「皆さんのヤマト愛でぜひシリーズ展開させて下さい!!」との事です。
ここに展示されていたサンプルでヤマト以外を発売するかどうかはヤマトの売れ行き次第だそうです。
なのでこの記事を見た人。とりあえず2199版のヤマトを買って下さいね。
私もすでに友達がやっている模型屋さんに予約を入れておきました。



コメント
この記事へのコメント
懐かしいですね。実写版はあらすじが今ひとつだったけど。復活編の続きはどうなったのかな?
2012/06/16(土) 18:03 | URL | 東海のどら猫 #mQop/nM.[ 編集]
復活編第二部の製作発表はファンクラブの会報で告知された様です。
まぁ復活編自体もなんどもポシャっては文字通り復活したのですんなりと進むかどうかは分かりませんが^^;
2012/06/18(月) 21:46 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
西崎氏も他界しているからどうなるかな。これもあらすじは今ひとつでしたね。最初イスカンダルへ行った乗組員は古代進だけ。佐渡酒造も真田志郎もヤマトを降りてしまっているからね。雪との間に一人娘がいるけど。雪と再会ならずだった。懐かしいと思ったのはヤマトが宇宙へ飛び立った時だけだった。
2012/06/19(火) 19:45 | URL | 東海のどら猫 #mQop/nM.[ 編集]
こんばんは、東海のどら猫さん。
劇場公開版については私も同じ感想を持ちました。
ただ最近ディレクターズカット版を見たのですがだいぶ印象は良くなりました。
2012/06/19(火) 22:36 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/559-cd5cc0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。