鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の金環日食、皆さんはご覧になれたでしょうか? ここ四日市では、6時頃は陽が射していて、見れるかな?と期待したのですが、雲は南のほうからどんどんと北側(つまり太陽の方向です)へと広がっていき、近所の高台へ登ってみるとご覧のような一面の曇り空。
高台にはすでに20人ほどの先客が三脚を立ててスタンバっていました。
IMG_5820.jpg

コレでは厳しいなぁ・・・
IMG_5826.jpg

それでも時々雲の切れ目から僅かに光が漏れてきていらので、一縷の望みを持って待つことにしました。
IMG_5831.jpg

コゥタロはすでに完全にダンゴ虫に気を取られています。
もう食のピークを過ぎて諦めモードが漂い始めた頃、不意に歓声があがりました。
雲の切れ目から綺麗なリング状の光が見えました。 薄雲を通してなので光が弱く、日食グラス越しでは全く見えませんでしたが光が弱かったおかげで、フィルター無しでも撮影が出来ました。コンパクトカメラの100mm程度の焦点距離でもそれなりに撮れるものなのですね^^;
こんな事ならもっとちゃんとした撮影機材を持ってくればよかったと少し後悔です。
IMG_5836_20120521112534.jpg

雲の隙間をぬっての観察が続きます。 IMG_5840.jpg

ギリギリの攻防が続きます(笑)
IMG_5842.jpg

IMG_5844.jpg

8時を過ぎて、撤収のため、下り坂を歩いていると雲の切れ目から眩しい光が。
今度は日食グラス越しにもくっきりと部分日食状態の太陽が観察できました。
試しに日食グラス越しに撮影してみると、まあそれなりに撮影できました。
IMG_5849.jpg

東海地区ではなんと平安時代以来の932年ぶりと言う壮大な天文ショー。
完全とは言えないまでも見ることが出来て良かったです。
ダンゴ虫に気を取られていたコゥタロも帰る頃にはにわか天文ファンになっていました。

直近では6月6日に金星の日面経過と言うイベントがある様です。
また2030年6月1日には北海道で金環日食が
2035年9月2日には日本列島中央部で皆既日食が見られる様です。
次回までにはちゃんとした機材を用意しておこうと思います(笑)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/554-869609ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。