鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
発売の告知からずっと気になっていた造形村のDD54 6次型を購入しました。
私自身は全く縁の無い機関車なのですが、小学生の頃、TOMIXのカタログに長らく予定品としてDF50と共にイラストが掲載されていてとても印象に残っていたのと、弁天町に保存されている実物のインパクトが大きくて気になる機関車だったのでした。
TOMIX製品を購入する事は無かったのですが、後年KATOから発売された際にはDF50もDD54も購入しております。
HOでもTOMIXから発売さえたDF50は購入しましたし、DD54もどこかが手頃なものを出してくれないかなーと常々思っていたのでした。
そんなおりVOLKSの製造部門である造形村がSRS(SUPER RAIL SERIES)と銘打って0系新幹線で鉄道模型メーカーとして参入し、シリーズ第二段としてDD54を発表したのでした。
DD54は仕様により6次型まで分類されるのですが、私がチョイスしたのは6次型です。この6次型は弁天町に保存されていて私と唯一接点が有り、また特急出雲を牽引した事のあるグループです。DD54は悲運の機関車として知られていますが、この6次型は特急仕業にも就いてDD54としては最も輝いた時代を過ごしたグループだと思います。
模型はDLらしく朱色の箱に収められています。
IMG_5176.jpg

梱包形態は天賞堂のプラ製蒸気機関車の様なブリスターパッケージに収められています。取り出し方も天賞堂のものと全く同じでした。
IMG_5177.jpg
まだ部品は取り付けていませんが、外観はこんな感じです。特徴的な車体形状をよく捉えられていると思います。
明日から海外出張なので、帰国したらゆっくりと仕上げたいと思います。
IMG_5171.jpg

この出来映えで税込み26,040円ですから良いメーカーが参入して来てくれたと素直に喜びたいです。
IMG_5175.jpg

この製品はDCCフレンドリーになっていて21ピンのコネクタが搭載されており、スピーカー用のコネクタやエンクロージャーまで搭載されていて音好きの人にもとてもフレンドリーな仕様になっています。
それにしてもシリーズ第2弾にDD54をもってくるなんてかなりのマニアックな人が企画や開発メンバーにいるんでしょうね。
今後の商品展開が楽しみです。
旧型客車の板キットとか出してくれないかなー・・・。


コメント
この記事へのコメント
連投で失礼します。
なかなか通な車輌を手に入れられましたね!
この車輌は私もまったく眼中になかったのですが、ちょっと気になりつつあります。弁天島でも見ましたし、出雲を牽引していたと聞くと・・・(^^ゞ
出雲・紀伊とかはなぜか記憶に残っていて、昔どこかで縁があったのかと思ってしまいます。
造形村の0系もホントに欲しかったんですが12輛はちょっと・・・(^^ゞでもまだ欲しいなぁ・・・
2012/03/05(月) 22:35 | URL | taka@ #UzUN//t6[ 編集]
こんばんは、takaさん^^
実はこの後デザインナイフでボディを傷付けると言う悲劇に見舞われてしまいました。
実車顔負けの悲運の機関車っぷりです^^;
今は一生懸命リペアしてるところですが、なかなか満足いくレベルまで修復出来ません・・・
2012/03/07(水) 21:54 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/527-e24d913b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。