鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
製作記事としては超手抜きですが、いきなり完成です^^;
デフの補強ステーおよび集煙装置と操作レバーを結ぶリンクは0.2mmの燐青銅線を使用しています。デフの補強ステーは本体側に穴を開けて瞬間接着剤で固定しておいて、デフ側は半田付けで固定していました。後から公式側のみ半田が外れてしまったのでデフ側も瞬間接着剤での固定となっていて若干取り付け強度に不安があります。
ナンバーは元のやつを取り外して0.4mm×1.5mmのプラシートで台座を作って、その上からやえもんデザインのD51498用プレートを貼り付けています。
塗装はセミグロスブラックをエアーブラシで吹いていますが、極力元の塗装を活かして金属パーツ周りの最小限に留めています。特に金色のラインや表記類は全て元のままです。仕上げとしてタミヤのセミグロスクリアー(アクリル系塗料)を吹いて、塗装部分と元の塗装部分の艶を合わせています。
IMG_5127.jpg
ナンバープレートだけでなく、区名札や銘板も付いているのでキャブ周りが賑やかになりました^^
IMG_5130.jpg

サイドビューです。
IMG_5153.jpg

機関部のアップです。
IMG_5152.jpg

公式側上方からの俯瞰です。
IMG_5151.jpg

同じく非公式側です。
IMG_5144.jpg

正面です。
IMG_5149.jpg

以前購入したKATOのデスクトップレイアウトで走らせてみました。
IMG_5138.jpg

このデスクトップレイアウトは買ってきたまんま何も手を加えていませんが、何も無い所で車両だけの写真を撮るよりも車両が良く見えます。
IMG_5139.jpg

このD51498はプロポーションが抜群に良く、走行性能も申し分が有りません。本当に良く出来ている模型で、簡単な加工でお気に入りの一台が出来上がりました。本当に良い時代になったものです。来年春には標準型も出る様ですね。G-3デフの本家本元である499号機も作ってみたくなりました。
D51は様々な形態があるので市販パーツを利用して他の特定機にも挑戦してみたいと思っています。もちろんお手軽工作の範囲で、ですが(笑)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/519-1ad225ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。