鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


震災翌日の報道特集でJR新地駅付近をヘリから撮影していた画像に映し出されていた、線路から押し流されて横転しくの字に折れ曲がった車両は、津波の凄まじい力を物語っていました。同時にこの列車に乗っていた人達は無事だったのだろうか?と言う疑問と胸を締め付けられる様な不安な思い。次々に流される津波の画像から感じる凶悪ななパワーを思うとどうしても最悪の結末が頭を過ってしまいました。
でもこの列車に乗っていた人達は、偶然この列車に乗り合わせた二人の警察官によって避難誘導され全員が無事だったそうです。警察学校から相馬署へ赴任する途中でスーツ姿だった様ですが、警察学校で学んだ「制服を脱いでも『心の制服』は脱ぐな」と言う教えが彼らを後押しして全員無事と言う結果となった様です。

ずーっと気にかかっていた出来事だったので、全員が無事だったと言う報道を見て心から安堵しました。
コメント
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/04/20(水) 09:32 | | #[ 編集]
内緒様

補足情報ありがとうございました。
今回の教訓を今後に活かす事が、この災害で亡くなられた方への供養にも繋がると思います。
2011/04/27(水) 22:51 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
三陸鉄道は、観光客のため、絶景ポイントで、ゆっくり走る運行が好評でした。
今は、宮古の方々からの熱い復興の声を受けて、日赤ではどうにもならない、かといってすぐにどうにもならない100億の復興の壁を、鉄道ファンがせいのせいので押しての義援金(すぐには会社も対応できない)を2年~何年もかけて、関西支部のゆる鉄はもう走り出しました。お蔭様で協力してくれる人が現れましたが、皮肉なことに、ゆる鉄仲間ではなく他の支援者で動いていますが、何年かのうちに頑なな大人も未来のある子どもが動いている姿に感銘して笑顔になってくれることを祈念します。私たちは100億の負債の三陸鉄道と、岩手の雇用と観光と水産と赤字弁当と元気と笑顔を取り戻してもらう旅に向けて出発進行です。今回のイベントのパネルは現地の被災者撮影の涙と汗の作品です。
2011/04/28(木) 01:14 | URL | ちぃ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/472-defd2b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄