鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私が小学生の頃、WLシリーズは比較的安価だったと書きましたが今では当時の4倍くらいの値段に跳ね上がってしまっています。250円だった駆逐艦が1000円弱もするんですよ!!500円だった軽巡洋艦も2000円以上ですからね。久々にWLコーナーを覗いてみたときはびっくりしてしまいました。こんな値段になってしまったら子供はまず作ろうとは思わないですね。最近は1/350サイズで新製品が続々と登場している様ですが、これらは重巡洋艦でも1万円超えですよ。子供の頃に艦船模型に慣れ親しんだ30代、40代が主な購入層ではないでしょうか?何が言いたいかと言うと、艦船模型も近い将来なくなってしまうなぁと言う事です。若い世代を育てない事にはこのジャンルに未来は無いでしょうねぇ^^;

さて話は大和に戻ります。まずはシールド付き高角砲の組み立てからです。エッチングパーツ(以下EP)セットを購入しているので高角砲も左右可動化させる事が出来ます!しかし、はめ込みが異様に固くて無理にはめ込もうとしていたら・・・ポキっと折れてしまいました。まだ一番最初の工程であるにも関わらず部品と共に私の心も折れてしまいました(泣)
IMG_2859.jpg



折れたのはEPセットに入っていた取り付け穴付きの高角砲なので、折れた分は本体セットのパーツで代用しようと思ったのですが・・・
並べてみると色が全く違うし、EPセットに入っていた差し替え用の奴の方がモールドが遥かにシャープでした。下の写真では3つある高角砲の真ん中が本体セットのものです。塗装は上から新たに吹けば良いとして、モールドのシャープさが全く異なるので併用は難しい所です。
IMG_2858.jpg

さらには・・・あと差し替え用パーツを二つ破損させてしまいました。思いっきり穴に押し込もうとしたら、モールドが欠損してしまいました。デリケートな凸モールドを爪で押さえたばっかりに削れてしまいました(泣)
IMG_2898.jpg

合計3つの差し替え用パーツを使えなくしてしまったので、諦めてモールドの甘い本体セットのものを使う事にしました。差し替え用パーツのEP取り付け穴の位置を確認して、本体セット用のパーツにも穴を開けてEPを取り付けます。それから甘いモールドが厚塗りによってさらに甘くならない様に、一旦塗料を落とします。
IMG_2861.jpg

タミヤのアクリルカラー(呉海軍工厰グレー)を吹きましたが・・・
明らかに元の色に比べて明るいんですよね。反対側のパーツには佐世保工厰グレーを混ぜて調色したものを吹きました。大体許容範囲になった所で、最初に呉工厰グレーを吹いたパーツにも調色したグレーを吹きましたが・・・
IMG_2868.jpg

どれだけ重ね塗りしても左右のパーツの色が合わないんです(泣)
IMG_2873.jpg

結局一度黒を吹いてから調色したグレーを吹いたら左右の色は合いました・・・が本体との色は全然合っていません(爆)もう良いや。細かい事は気にしない!!って事で続きます^^



コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
WLシリーズ、私も小中学生の頃に作っては破壊しの繰り返しで遊んでいましたが、今、息子がハマリ出しています。
最初に飛龍で次が3段甲板の赤城です。
値段はちょっと高いかな?と思いますが、GMの板キットが数百円なのと比べると妥当かも。比べる相手が違う?(笑)
しかし、完成しないうちに次のに手を出すのは親譲りです。
2010/05/26(水) 17:36 | URL | 目黒のダンボ #QjtTlS4.[ 編集]
こんばんは、ダンボさん^^
息子さんがハマりだしましたか(笑)
しかし飛竜に赤城とは最初から大物に手を出しましたねぇ^^
でも私も初めて買ったのはアオシマのミンスクだったと記憶しています。
その次は赤城だったかな?

私も最初の頃は根気がなくて、細かい部品は取り付けずに完成だと言い張っていた記憶が有ります^^;。
2010/05/26(水) 23:16 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/427-38a8ce56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。