鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


先日の記事にもある様に11月初旬から調子の悪かったMacですが、やっと復活させる事が出来ました。と言っても内蔵電池の交換が功を奏した訳ではありません^^;
結論から言うと人差し指でポチっとするだけで治りました(笑)

これまで考えつくいろんな事を試しました。まずはメモリの増設にHDDの入れ替え。OSの再インストール、内蔵電池の交換にPRAMのクリア。しかしどの方法でもスリープが出来ません。唯一効果が有ったのはOSの再インストールなのですが、再インストール直後の10.4の状態であればスリープ出来るのですが、アップデートさせるとスリープ出来なくなるのでした。仕方が無いのでここ最近は10.4のまま使っていたのですが、やはりセキュリティアップデートを施さずに使い続けるのは精神衛生上よろしく有りませんでした^^;
ネット上の情報ではスリープから復帰出来ないと言うトラブル事例や省エネルギー設定での自動スリープが出来ないと言う事例はあるものの、単純にアップルメニューからのスリープが出来ないと言う事例は遂に見つかりませんでした。

無駄なあがきの様ですがもう一度冷静に考えてみました。
OS10.4や10.2.8ではスリープ出来るのだからハードウェアの問題では無いとなると何かの設定がまずいと言う事になります。PRAMのクリアはやりましたが他にリセット出来るものは無いだろうかとググってみるとキャッシュのクリアと言うものが有りました。しかしこれでも結局解決には至らず。ここでふと「スリープから復帰しない」と言うトラブルはどうやって解決したのだろうと思い、調べてみると・・・
PMUチップのリセットで解決したと紹介されていました。 PMUとはPower Management Unitの頭文字を取ったもので、電源関係の制御を行っているものです。
具体的には下記の5点です。
・電源のオン・オフ
・スリープ、スリープの解除、スリープまでの時間をコンピュータに命令する機能
・ さまざまな命令によるシステムリセットを管理する機能
・ パラメータ RAM (PRAM) を維持する機能
・ リアルタイムクロックを管理する機能
スリープするのも解除するのもこのPMUで制御しているのなら、ひょっとするとこれで解決するのでは?と思い、ここを参考にしてPMUのリセットを試みました。ちなみにPMUのリセットは機種によって方法が異なる様なので注意して下さい。
このPMUのリセットスイッチの場所は下の写真のロジックボードの左下付近に有ります。
IMG_2506.jpg
それにしても巨大なヒートシンクですね^^;

さらにアップしたのがこの写真、基板上にPMUリセットとプリントしてあるのですぐに場所は分かると思います。
IMG_2566.jpg

電源を切って、コードを抜いてからPMUリセットスイッチを1回だけ押します。2回押すとPMUチップが応答しなくなる事が有るそうなので絶対に2回押してはいけません。10秒待ってから電源コードを接続してMaxの電源を入れます。これでめでたくスリープが出来る様になりました。OSもすぐに最新状態にアップデートしました。

今回のトラブルで、メモリを増設した事が効いてかなり動作が快適になりました。色々ネットで調べた事で新しい発見もたくさん有りました。このPower Mac G4であと5年は戦えそうです(笑)
今回改めて思ったのはMacの内部ってかなりシンプルだなぁという事。基板上も非常にシンプルに纏められておりコード類が複雑に絡み合う事も有りません。また驚いた事にコンデンサーがすべて個体アルミ電解コンデンサーであるという事。今使用している自作PCを組んだ2005年頃はまだほとんど使用されていませんでしたが、ここ数年でその信頼性の高さから中級機以下にまで普及が進んでいる状況です。しかしこのPowerMacG4を購入したのは2002年です。当時は割高感が有ったのは事実ですが、個体アルミ電解コンデンサの事なんて話題にも昇っていなかった時期にこれを採用していたとは、こういう所にコストをかけていたのだなぁと感心しました。実は最近新しいiMacが欲しいなぁと思っていたのですが、今回の様なトラブルの際には手も足も出ないんですよね。メンテナンスしようと思ってもiMacをバラすのには相当スキルがいる様です。やっぱり次もデスクトップ型のMacProが良いなぁと思いました。
あ、そう言えばMacって昔から買い替えを検討しだすと機嫌を損ねて調子が悪くなるって言うんですよねぇ。今回もそれが原因だったのかも(笑)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/401-2d46cf95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄