鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


JAMの翌日はディズニーシーに行ってきましたが、まあそれはスルーして。旅行最終日は以前から行きたいと思っていながらなかなか行く機会の無かった靖国神社を参拝してきました。
若い家族連れや女性のグループに外国の方々まで、実に様々な方々が参拝に訪れていました。
IMG_7493.jpg

参拝した後は貴重な資料が展示されている遊就館を見学してきました。
IMG_7469.jpg

この遊就館は展示内容が戦争を賛美するものだと言われている様ですが実際のところどうなのだろう?と言う疑問を解消したかったのも今回訪れた理由の一つです。

ところでこの記事のカテゴリが「保存車両」になっているのは何故でしょうか?
答えは・・・
私も訪れるまで知らなかったのですが、泰緬鉄道で活躍し戦後はタイ国有鉄道で昭和52年まで使用されていたC56-31号機が展示されているのでした。
IMG_7471.jpg

昭和11年製に日本車輌で製造された機関車なのだそうです。
IMG_7482.jpg

区名札には鉄道連隊を示す札が入れられていました。
IMG_7488.jpg

この31号機は泰緬鉄道の開通式で使われた機関車で、その後各地で新たな路線が開通する度に開通式にはこの31号機が出ていったそうです。タイ国鉄で引退した後、泰緬鉄道建設に関係した南方軍野戦鉄道連隊関係者が拠金してタイ国鉄から譲り受けて靖国神社へ奉納されたそうです。
IMG_7492.jpg

有名な零戦も展示されていました。 IMG_7473.jpg

小学生の頃、京都の嵐山美術館と言う所で零戦63型を展示しているのを見た記憶があるのですが、零戦を見るのはその時以来になります。
IMG_7475.jpg

この大砲は近くで良く見てみると・・・
IMG_7478.jpg

あちこちに弾痕が残されており、激しい戦闘をくぐり抜けてここにやって来たのが分ります。
IMG_7481.jpg

これらの展示物は玄関ホールに展示されており、ここまでは無料で見学する事が出来ます。また売店も併設されており、プラモデルや自衛隊グッズや書籍も購入する事が出来ます。

展示室への入場は大人800円でC56-31のすぐ隣にあるエスカレーターから2階へと進みます。写真撮影は玄関ホールのみ可で、展示室内ではカメラやビデオによる撮影は不可となっています。展示内容は明治以降のみならず古代の武具や戦争から近現代まで非常に多岐に渡っていました。そして当然ながら大東亜戦争(太平洋戦争は米国側の呼称)に関する展示には最も力が入れられており、当時の国際情勢や日本の置かれたいた立場について詳細な解説が為されていました。また「靖国の神々」では戦死された方の遺書が遺影が展示されていたのですが、その遺書に書かれている言葉は大切な人や美しい故郷を想う言葉で埋め尽くされていました。国を守ると言う事はこう言う事なんだと思いました。思わず目頭が熱くなる内容の遺書ばかりだったのですが、やはり展示室内のあちこちで鼻をすする音が聞こえていました。
この展示内容が戦争を賛美する内容かどうかは、ご自身の目で判断してもらいたい所ですが私個人としては、この場所は鎮魂・慰霊の場であると感じました。本当はもっとゆっくりと見学したかったのですが、展示室の厳粛な雰囲気に呑まれて息子が泣き出してしまったので急ぎ足で見学しなければなりませんでした。また機会を作ってゆっくりと見学したいと思います。

靖国神社については賛否両論が有る事は承知していますが、私は国(私達)の為に命を捧げた英霊の方々を総理大臣が国家の代表として参拝するのは義務であると思います。また今の平和な日本があるのもこの方々のお陰である事を私達は決して忘れてはならないと思いました。さらに言えばこの平和は私達一人一人が責任を自覚して守る努力をしなければこの先は保障されない事も認識しておくべきだと思います。
まずはみなさん政治に興味を持ちましょう。新聞やテレビを見ているだけでは本当の事は分らないばかりか、特定の方向へと誘導されるばかりです。目の前の便利な箱を使って今話題のキーワードを検索してみて下さい。
一例として次のキーワードを書いておきます。これらの法案が持つ本質的な意味合いを報道される事がほとんど有りません。いろんな意見が有ると言う事を知っておいた方が良いと思います。
・外国人参政権、人権侵害救済法案

今日のエントリは少し重い内容になってしまいましたが、秋の夜長にこの国の行く末に想いを馳せるのもたまには良いのではないでしょうか?子供の為にもこの日本の未来が素晴らしいものになる様に努力していきたいと思います。

最後に板書されていた遺書を掲載します。
IMG_7468.jpg

コメント
この記事へのコメント
 こんにちは。
 靖国、今年初めて参拝しました。
>靖国神社については賛否両論が有る事は承知していますが、・・・・・・

 私もAtsushiさんの考えに同じであります(^^

 遊就館に零戦や機関車があるとは知りませんでした。是非訪れてみたいです。以前、江田島の戦争資料館に行きましたが特攻隊の方々の遺書に涙しました。息子にも読ませてやりたいです。
2009/10/02(金) 13:06 | URL | やま♪ #VOPz3P1U[ 編集]
こんばんは、やまさん^^
学校では戦争=悪と言う単純な図式で特定のイデオロギーに偏った教育しかされません。
きちんとした歴史を子供に伝えるのは親の役目だと思います。
是非息子さんと訪れて、平和や戦争について考える機会を作ってあげて下さい。
2009/10/02(金) 22:28 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/385-4644bb95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
愛国心を育てる名言
2009/10/05(月) 07:33:33 | 愛国心を育てる名言
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄