鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


誘導員手摺と乗務員扉の手摺を作成してから放置状態だったEH500を久々に引っ張り出してきて屋上手摺を作成しました。最初は屋上手摺に関しては付属部品をそのまま使おうと思っていたのですが乗務員手摺が思いのほか簡単に出来たので屋上手摺も自作する事にしました。
0806210009.jpg

今回は先日kazuさんのブログでも話題になった手摺作成治具を紹介したいと思います。

下の写真が治具です。5mm角のプラ棒に穴を開けただけの簡単お手軽治具です。 0806210001.jpg
この治具には穴が三つと端に切り欠きがあります。穴は左側から乗務員扉の手摺、誘導員手摺、屋上手摺の作成用となっています。今回は付属パーツの手摺をお手本にしますので治具を作成する時も下の写真の様に付属パーツを活用しています。
0803220012.jpg
まず手摺の一端を切り欠きに当てて、目印を付ける為に塗料を付けたもう一方側を角棒に当てます。目印のついた所をピンバイスで開けて出来上がりです。

今回作成するのは屋上手摺で一番幅が狭く作り難そうです^^;
まずは穴に真鍮線を差し込みます。
0806210002.jpg

そして次にプラ棒に沿って曲げます。
0806210003.jpg

さらに切り欠きに沿って真鍮線を曲げます
0806210008.jpg

出来上がった手摺は直角に曲がっていませんので・・・
0806210005.jpg

ラジオペンチで成形して直角に曲げます。
0806210007.jpg

適当な所でカットしたら、車輛に装着して形状を再確認します。
0806210010.jpg

この後はプライマーを塗って赤色2号を塗装すれば完成です。・・・が月曜日はTOEICの試験なので無駄なあがきをしてみようと思います。さらに6月末からまたアメリカに行く事になったので金太郎の完成は7月になってからかな^^;


コメント
この記事へのコメント
Atsushiさん、こんばんは。
簡単ですが、確実でキレイに仕上がる方法ですね。
これなら私にも量産できそうです。(^^ゞ
次期カマに使ってみたいですね。
(いつになるか分かりませんが(爆))
2008/06/23(月) 20:53 | URL | taka@ #UzUN//t6[ 編集]
この方法を教えていただいて、楽に手摺が作成できました。それまでは目見当で作っていたので3個に1個位はうまくはまらないのがありました。こんな簡単で確実な方法があったのですね。自分だけでやっていると気がつかないことが多いですね。
2008/06/24(火) 12:09 | URL | kazu #NjDYclhA[ 編集]
こんばんは、takaさん^^
私はこれからすでに所有している機関車も徐々に手摺を軟質樹脂から自作真鍮線手摺に置き換えて行こうと考えています。
いつになるか分りませんが(爆)
特に前面窓下の手摺は今回の方法では作れないので、何か良い方法を考えないといけないです^^;
2008/06/24(火) 21:55 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
こんばんは、kazuさん^^
手摺作成方法がお役に立てた様でなによりでした^^
この方法は本当に簡単に作れるので妻面の手摺等大量に均一な形状の手摺を作る際には抜群の効果を発揮すると思います^^

私は簡単お手軽な方法しか紹介出来ませんが、kazuさんのブログには参考になる記事がたくさん有りますので私が壁にぶつかった際は是非いろいろと教えて下さい^^
2008/06/24(火) 21:58 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/252-66cc2edd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄