鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食後はさらなる鉄分補給と言う事で、彦根駅に併設されている近江鉄道ミュージアムに立寄ました。下の写真は彦根駅の橋上駅舎から撮影したものです。
この写真、良く覚えておいて下さい。
0707160036.jpg


0707160039.jpg

0707160041.jpg
古い電気機関車が沢山展示されていました^^

0707160043.jpg
資料館もあって、中には近江鉄道の歴史を学べる展示やパンタグラフ等がありました。
0707160047.jpg

近江鉄道ミュージアムの後は再びアル・プラザ彦根に戻り、三階で催されているる街中博物館を見学しました。ここでも近江鉄道に関する展示が行われており、とっても素晴らしいレイアウトが展示されていました。驚くほど細かく作り込まれたレイアウトにはただただ脱帽するばかりです。制作者の熱意が伝わってきますね。この下の写真、そうです一番上に貼付けた車庫の模型なのです。とても良く出来ていますね。
0707160052.jpg

0707160053.jpg

0707160049.jpg

0707160075.jpg
街やホームに設置されたミラーはきちんと写り込んでいましたよ!!
0707160057.jpg
視線を落とすと、とても実感的です^^
0707160073.jpg

0707160064.jpg
線路の表情一つとっても良く観察されているなーと感じました。
これで私のレイアウト製作のモチベーションが上がったのは言うまでもないですが、問題はそれを維持出来るか?ですね^^;

コメント
この記事へのコメント
こんばんは
近江鉄道のレイアウトはいつまで見てても飽きませんね。
あそこまで作り込んであるのは他で見たことは無いです。
しかし、実際のパンタグラフをコレだけ近くで見るのは初めてでしたが、意外とHOとさほど変わらないのには驚きました。
2007/07/21(土) 00:31 | URL | pizza_x #o/PXu/q6[ 編集]
こんばんは、Atsushiさん!
近江鉄道ミュージアムめちゃくちゃ行ってみたくなりました。
最近、連発でワールド工芸が近江鉄道ものを発売していたので気にはなっていたのですが...
今でも電機機関車走っているんでしょうかね?
2007/07/21(土) 01:26 | URL | さるえもん #-[ 編集]
Atsushiさん、こんばんは。
あのレイアウトは凄かったですねー。あれくらいの情熱を持ってレイアウト制作に打ち込めたら素晴らしいものができそうです。
もっとも腕もなければ・・・(^^;)

近いうちにまた和さんへ行くつもりです。でも夏休み中は混むかなぁ・・・?
2007/07/21(土) 21:53 | URL | taka@ #UzUN//t6[ 編集]
こんばんは、pizzaさん。
確かにHOのパンタみたいでした。
そして以外に軽く、ぽよ~んと動くのにも驚きました^^;

近江鉄道のレイアウトは凄かったですね。
あれを見てかなりモチベーションんが上がりましたが、持続させる事は出来るのでしょうか^^;
2007/07/22(日) 01:44 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
こんばんは、さるえもんさん!
絶対に食いついて下さると思っていました^^
梅小路が蒸汽の聖地なら、彦根は古典電機の聖地かもしれませんよ!
彦根は地理的にも近いですし、ちょっとして小旅にもってこいですよ^^

近江鉄道では現在貨物輸送は廃止されてしまった様ですが、電機は健在でバラスト散布用のホキを牽引している様です。
2007/07/22(日) 01:46 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
姨捨モジュールもかなりのこだわりだと思いますよ。
うちの嫁さんが、実物とレイアウトの線路配置を比較した時の記事を見て驚いていましたよ^^
早く情景着いたのを見たいなー(笑)
2007/07/22(日) 01:48 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/160-1007157e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。