鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004年春、ようやく自宅が完成しました。2003年11月に基礎工事を始めてから僅か4ヶ月の工期でした。ハイムの良い所はユニット方式の為、工場で90%完成した状態でユニット毎にトラックで施工場所まで運んで来て、クレーンで所定の場所に置いてユニット同士をボルトで締結するだけと言うシンプルな工法にあります。その為、ユニットの据え付けは僅か5時間程度で終了するので、工事中の雨濡れの心配が全くないのです。もちろん天気予報とにらめっこして、雨が降らない日をピンポイントで選んで据え付けを行うのです。
8時に作業を開始して13時には家が、少なくとも外観は完成していました(笑)お隣のご主人が出勤する時には基礎しか無かった場所に、帰宅した時にはすでに家が建っている訳ですからびっくりされたでしょうね(笑)
さて、前回にレイアウト用地取得に思わぬ危機が訪れて黄信号が灯ったのですが、どの様に解決したのでしょうか?
結果的にはレイアウトルームの約半分を嫁さんに明け渡す事になりました・・・
でもレイアウト用地もちゃんと6.5m×1.8mを確保しました。どうやって双方の意見を両立させたと思います??
答えはクローゼットの扉を開けると解ります!
20070415001.jpg
答えは単純、部屋を上下に分割したのでした(笑)
ちょうど大きな押し入れをイメージしてもらえれば良いと思います。下段は収納スペースに、上段が私の趣味部屋です。
鉄道模型を楽しむのに2.4mの天井高さは不要なんですよね。床に座って目線の高さに線路を配置するのであれば、高さは1.2mで十分です。私はちびっ子なので座れば天井に頭がつっかえる事もありませんので^^;
こうしてレイアウト用地の取得まで無事に済ませる事が出来ました。
趣味部屋を上段に配置した理由は、怪獣対策です(笑)子供が歩き出した時、大切な模型を壊されない為には手の届かない場所に置くしかありません。普段は昇降用の脚立をどこかにしまっておけば勝手に部屋に入られる事は絶対に無いので安心です。壊されてがっくりする前に対策を打っておいた訳です^^

整地編へ続く

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/133-34290372
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。