鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


自宅を新築するぞと思い立った2003年夏、中長期の住宅ローン金利が一段上がったのが、嫁さんが新築すると言い出した原因でした。たしかに数%の金利上昇で頭金の為に貯めた数百万円など利息でアッと言う間に無くなってしまいます。この後の金利上昇を考慮すると、数年かけて頭金を積み増す意味は全く無いと判断し早速ハウジングセンターへ出かけました。
私は地元出身ではないので、信頼出来る工務店など知る由もなく、まずは目的の「蔵」があるミサワホームへと行きました。応対してくれたのはまだ20代前半の独身の営業マン。営業マンとしても社会人としても経験不足なのが明白で安心して任せられそうにありません。こちらの質問にも的確な回答が出せない事がほとんどでした。懸命に建設中の家を案内してくれたりする中で具体的な間取りを考えようとしたのですが、ミサワホームはいくつかのプランから選択する事しか出来ないのでした。
モデルプランは正方形の4畳半程度の蔵が二つ有りました。当時HOに夢中になっていた私は、6両編成程度の列車が不自然無く走らせる程度のスペースが欲しかったのですが、正方形の4畳半ではとても望みは叶いそうにありません。蔵を大きくしようとすると、かなり値段が上がってしまい、庶民にはとても手が届きそうに有りませんでした^^;
また貧乏人のくせに、家を建てる時には太陽光発電を載せたいと考えていた私。ミサワにも太陽光発電の家がラインナップされていましたが、あまり積極的には販売していない様で、もちろん質問しても経験不足の営業君はまともに答えてくれませんでした^^;

そんな時、テレビCMで積水ハイムが太陽光発電に力を入れている事をしり、その足でハイムのモデルハウスへ行きました。その時応対してくれた営業マンはとても優秀で、どんな質問にも的確に回答してくれます。また軽量鉄骨のユニット構造なので構造的に耐震性は抜群だと言う事が一目瞭然でした。
問題は鉄道模型部屋を確保する事が出来るか?と言う事。HOの6両編成を無理なく走らせるには6.5m×1.8mはなんとしても確保したいところ。ただ良く考えてみると畳7つを一列に並べた様な長細い長方形の部屋になるんです。こんな変な部屋を組み入れる事が出来るんでしょうか??恐る恐るハイムの営業マンに聞いてみたところ、「やってみましょう、今晩にもプランをお持ちします」と言ってくれました。
その晩、8時頃、約束通り営業マンが間取り図を抱えてやって来て「なんとかあの部屋を確保する事が出来ました!」と息を弾ませながら報告してくれました。取りあえず部屋に上がってもらって間取り図を見ると確かに極端に長い長方形の部屋が2階の北側に存在しています。それでいて、寝室には書斎のスペースも確保出来ており、よくもまあこんな欲張りなプランを具体化したものだと一気のその営業マンのファンになってしまいました(笑)
これで長年の夢が叶いレイアウトルームを持てるんだ!と喜んだのもつかの間、「これって物置部屋に丁度良いね、半分頂戴」と嫁さんが言い出しました。確かに物置部屋では壁際に物を置くので、細長い方が効率よく使えるんですよね。屋外物置でも奥行きのある物より横に長いものの方が使い勝手が良いですから。しかし感心している場合ではありません。物置なんぞに長年の夢を潰されてなるものか!と少ない脳ミソをフル回転させてどうすればこの危機を回避出来るかを考えました。

次回、緊迫の「用地取得編」へ続く

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/132-cc657007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄