鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


06022501.jpg

週末を利用してEOS5Dと24-105mmF4.0Lの試し撮りに出かけました。行き先はSLの聖地、梅小路です。
カメラ購入時にレンズも注文したのですが、最近Canonのレンズは品切れが多く、24-105mmも例外ではなく、いつ入荷するか約束出来ないとの事。まあ28-70mmもあるので気長に待つつもりでしたが、3日後の水曜日には入荷の連絡が有りました^^
購入後、どこに撮影に行こうか迷ったのですが、ちょうど梅小路蒸気機関車館では銀河鉄道999でおなじみのC62型蒸気機関車が展示走行している事が判り、早速週末に出かけてきました。
梅小路では今でも動態保存されている機関車が交代で展示走行しており、どの機関車が展示走行しているかは梅小路のHPに掲載されています。
この日はすこし雲もありましたが晴れており、柔らかい光が機関車に当たっていました。早速ホームに止まっている機関車にカメラを向けてファインダーを覗くと・・・「広い!!」やはり久々に味合う24mmそのものの画角はAPS-Cサイズの画角に慣れた僕にはとても新鮮でした。レリーズの感触も良く、久々に撮る事が楽しいカメラに出会えたと思え、とても嬉しくなってきました。

06022502.jpg

機関車の展示走行が終わると、機関車はターンテーブルで向きを変えて石炭の燃え殻の廃棄と石炭の補給を行い、再びターンテーブルで方向転換して扇形庫に戻ります。この時には機関士も子供達に向かって手を振り汽笛の大サービスです。機関車トーマスの影響もあってか子供達はSLが大好きな様ですね。

06022503.jpg

機関車が扇形庫に収まった所で日も落ちてきたので、扇形庫内をカメラに納めて帰途につきました。
06022504.jpg

EOS5Dを使った感想は、一言「楽しい」に尽きます。D30で一眼レフもデジタルに移行したのですが、便利になった反面、撮る楽しみが大きく削がれていた気がしてなりませんでした。それはやはりカメラとしての出来がかなり不満足であった事が大きな要因を占めます。EOS5Dはカメラ部分は20D並みと言われていますが、レリーズの感触やボディの質感を見る限り、個人的にはひとクラス上のカメラに感じられます。もっとも消費者の立場としては値段も高くなっているのでそうでなくては困るのですが^^;
なにはともあれ、今年の春、桜がとても楽しみになってきたのでした!

3/1追記
1枚目の写真を見るとやはり周辺光量不足が目立ちますね^^;でも銀塩の時も有った事だし、かえってアナログチックで良いと思ってます^^

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/12-29bcf382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄