鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさん、こんばんは^^
先週購入したEF65に部品を取り付けました。HOならではの細密感がたまりません!!この記事を見た方は物欲警報発令するかもしれませんのでご注意下さい(笑)
20070305232410.jpg
ユーザー取り付け部品をすべて取り付け終わったEF65
なおこの記事を見て物欲に駆られて散財してしまっても当局は一切関知しません(笑)
まずはこの説明書を見て下さい・・・最近のNゲージもユーザー取り付け部品が増えてきましたが、それの比ではありません^^;
箱を開けるとうんざりするほどの部品が出迎えてくれます(笑)
20070305232637.jpg
EF65の取り説
作業を開始した時は、そのまま部品を取り付けて行こうと思ったのですが、いかんせんHOゲージは重いです。プラ製だからって全然軽くないんですよ!また台車廻りの砂巻き管等の取り付け時にはボディが邪魔になりますので、まずはボディを取り外す事から始めました。説明書には車体中央を指で広げれば外れると書かれていますが、その通りにしてもボディは外れません。ボディと動力ユニットを固定するツメは両端の台車付近にありますので、最初に両手の中指で中央部分を広げ、人差し指で1エンド側台車付近、薬指と小指で2エンド側台車付近を広げると無事にボディを外す事が出来ました。 20070305232844.jpg
取り外したボディ、側窓と一体成形されたツメが見える
ツメが両端にあるのは分っていたので最初は1エンド側から外そうとしましたがとても外しづらかったです。前途の様に片側ずつではなく両側を一気に開き、動力ユニットを自重で落とす様にしてようやく外す事が出来ました。

エアーホースはランナーに付いている状態で塗装します。今回はバルブ本体をグレーに、バルブハンドルを白、ホースを黒で塗装しています。
20070305233839.jpg
Nゲージでは他社製パーツを別途購入するがHOでは標準装備だ^^
パーツは多いものの、特に取り付けが難しいパーツはなく順調に部品を紹介していきます。さすがにKATOだけあって、部品のはめ合い精度が抜群に良く、無理な力を入れなくてもはまっていきます。それでいて抜け落ちない程度に固定されます。TOMIXだと、付けてもポロっと外れてしまうパーツが結構有りましたけど。
さて台車廻りやボディの手摺、ホイッスル等も付け終わり、後はワイパーだけとなりました。KATOのワイパーはプラ製としてはとても細く良く出来ていますが、いかんせん厚みが気になります。 20070305234042.jpg
標準で付属するワイパー部品(プラ製)
そこでこいつの出番です!数年前に購入してストックしてあったエンドウから販売されているエッチングのワイパー(機関車用)です。長らくパーツ入れの中で眠っていましたがついに役立つ時が来た様です^^
20070305234536.jpg
エンドウ製の機関車用ワイパー
標準部品と比べてみると・・・
真っ正面から見るとKATOの標準部品もかなり善戦していますが、この写真では分りにくい厚みには圧倒的な差があります。 20070305234937.jpg
エンドウのエッチングパーツとKATOの標準品との比較
ようやくすべての部品の取り付けが終りました。大変でしたが、少しずつ完成に近づいて行くのを楽しみながら作業する事が出来ました。Nゲージの様に他社製パーツを購入してきて取り付けるのと同じ楽しみがプラ製HOでは標準装備となっています^^
ただ、この作業は年配の方や子供さんにはちょっと難しいかもしれませんね^^;
20070305235221.jpg
完成したEF65 1118 レインボー
HOの機関車は他にも持っていますが、エアーホースへの色入れは実は今回が初めてでした。こうして見てみるとその効果が実感出来ますね!既存の車両も同様に色入れしていきたいと思います^^
20070305235627.jpg
エアーホースへの色入れも効果は絶大ですね^^
Nゲージでは省略されるか一体成形される様なところもすべて別部品となっており、とても細密感溢れる仕上がりが楽しめます。 20070305235854.jpg
砂巻き管等も別パーツで表現されておりとても繊細でリアルな仕上がりが楽しめる^^

久々のHO車両の購入でしたが、かなり満足な買い物になりました。KATOのEF65 1000は実は後期形も持っていたりします。今まで放置していましたが、こちらも部品を取り付けてこの1118号機と並べたくなってきました。近いうちに作業しようかな??

今回は写真にも気合いを入れてみました。と言っても一眼デジカメを使用した訳ではなく、コンパクトデジカメで撮影しています。注意したのは背景用の紙を使用したのとライティングに気を使ったくらいです。ライティングと言ってもホームセンターとかで売っている2000円程度のクリップ付き蛍光灯なので気軽に撮影する事が出来ますよ^^
模型の写真撮影に興味のある方は是非試してみて下さい!!

コメント
この記事へのコメント
 HO整備おつです。
 いやぁ~、素晴らしいできですね。欲しくなってしまいました(笑)Atsushiさんのおっしゃるとおりパーツが大きいから作業がしやすそうですね(^^。大きい分、内装いじり、粗も目立ちますがそれ以上にいろいろな事ができそうですね。やま♪鉄道にもHOの風が吹きそう?です。
 HOのEF65後期型、ナンバープレートに1108はあるでしょうか?もしあればかみさんに「家族で乗った思い出の銀河の電気機関車が引退したから5月の誕生日に買ってもいいかな・・・・・・」とおねだりできるかもしれません(^^
 でもカマをゲットしたら客車も欲しくなってしまうだろうな・・・・。
2007/03/06(火) 08:54 | URL | やま♪ #VOPz3P1U[ 編集]
こんばんは、やまさん^^
HOは元々かなり細密化されているのでちょっと色入れするだけでかなり格好良くなりますよ。
むしろ内装の方がいじり甲斐あるのではないでしょうか?
やまさんの得意分野が存分に活かせると思いますよ^^

ナンバーの件ですが、1108はありません。
ただし、KATOのEF65後期形はインレタになっていますので、組み合わせを変えれば1108号機が再現出来ますよ。
1106号機と1118号機のインレタが入っていますので6と8を入れ替えては如何でしょうか?

このレインボーカラーの発売に合わせて後期形(特急色)も再生産されていますので一つ如何ですか?
TAMTAMに行けば13000円以下で購入する事が出来ますよ^^

私もHOはD51と直線レール8本から始まりました^^
HOまずは小さな一歩から(笑)
2007/03/06(火) 22:56 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
それにしてもあの「部品取り付け説明書」すごいですね。
ちょっとしたキット感覚です。

プラ製はやはり塗装をするとプラ特有にチープな質感がなくなり見栄えしますね。
私は鉄道模型入門がHOだっただけにN転向後もいつも心の何処かに
「HOに戻ろうよ」って悪魔のささやきが聞こえ続けています。

ただ自称「走行派」の私にとって悩みの種はスペース確保!
いくら何でもNと違って線路敷きっぱなしって訳にはいきませんから...

まずは珊瑚96のキットを作ってみてうまくできれば線路買ってみます。
2007/03/06(火) 23:38 | URL | さるえもん #-[ 編集]
こんばんは、さるえもんさん^^
部品は単純にはめていくだけのものですが、ここまで点数が多いとそれなりに気合いを入れてかからなければなりません^^;
今回初めてエアーホースに色入れしたのですが、おっしゃる様に質感がとても良くなりました。
手摺も塗装したいところですが、軟質樹脂なので塗料が乗り難いと聞いた事があります。
プライマーを使えば良いのでしょうか?

珊瑚の96、かなり作り甲斐がありそうですね^^
私もいつの日か珊瑚の二つ目を作ってみたいです!
2007/03/07(水) 00:47 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
完全に物欲を支配されました~~!(爆)

やはりHOの細密感、何とも言えません!特にレールの細さと車輪の関係が・・・(ってフツーの感覚じゃないですよね(^^;))

実は初めてのHOゲージ、頼んでしまったのです。車種は実車が来てからブログで紹介します。。。(^^;)

こうなったら大好きな82系に走るしかないかー!181系も出たばっかりだし(自爆!)
2007/03/08(木) 20:24 | URL | taka@ #UzUN//t6[ 編集]
takaさん、HOの世界へようこそ(笑)
仲間が増えて嬉しいです^^

最近はNの値段も高騰していますから、Nの車両セット一つ我慢すれば、HOの機関車が買えちゃいますよ^^

初めてのHO、何を注文されたのでしょうか?
ブログでの紹介楽しみにしていますね^^

PS KATOのキハ82系は素晴らしい出来ですよ^^
2007/03/08(木) 23:12 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
takaさん>
レールの細さと車輪の関係。
実は私も初めてHOを購入した時に同じ事を思いました^^;
線路格好良い!!って(笑)
実はKATOのユニトラックってNもHOもレール自体の寸法は同じなんですよね。
スケールがほぼ2倍の大きさなのにレールの寸法が同じと言う事は相対的に車両に対して、レールが小さくなっているのと同じですからリアルに見えるはずです。
車輪もローフランジ標準ですから(笑)
それでいて十分な重量が有りますのでNゲージのローフランジと違い脱線等のトラブルもほとんどありませんよ^^
2007/03/09(金) 21:03 | URL | Atsushi #WzzJX4NY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://railway.blog49.fc2.com/tb.php/118-999c6c0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。