鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DD54を購入した後、ちょうどお昼時だったのでご飯を食べようという事になりました。京都は少し肌寒かったので暖まるものが良いとの嫁さんのリクエストもあり、京都インターから少し南に行ったところにある「らー麺 藤平」に立ち寄りました。
すぐ傍には横綱ラーメンもあって結構競争の激しい場所に立地していて、以前から気になっていたお店でした。
トンコツラーメンが主体のお店で、厚切りチャーシューが3枚が標準なのが嬉しいです。
IMG_0693.jpg

チャーハンや餃子も美味で、デザートの焼きプリンも濃厚で美味しかったです。
京都に行った際には是非また立ち寄りたいです。
スポンサーサイト
先日息子と二人で新幹線旅をした際に西大路で途中下車したのはこれを仕入れる為でした。
IMG_5170.jpg

ただ、パーツは揃ったのですが肝心の96を入手していなかったりして。デフをカッターで切り離す作業は面倒だし気を使うので最初からデフ無しのものを買おうと思っています。

このやえもんデザインのパーツですが、とても精密なロストワックス製のパーツや補強板のついたデフレクターのエッチングパーツ等、とても気に入って使わせてもらっているのですが、私の行動範囲内ではVOLKSでしか扱っていません。Joshinなんかでも扱ってくれると助かるのですが・・・

よくよく考えると、DD54を購入する為に25日もVOLKS京都に行っているので2月は2回も京都に行ってしまいました^^;
発売の告知からずっと気になっていた造形村のDD54 6次型を購入しました。
私自身は全く縁の無い機関車なのですが、小学生の頃、TOMIXのカタログに長らく予定品としてDF50と共にイラストが掲載されていてとても印象に残っていたのと、弁天町に保存されている実物のインパクトが大きくて気になる機関車だったのでした。
TOMIX製品を購入する事は無かったのですが、後年KATOから発売された際にはDF50もDD54も購入しております。
HOでもTOMIXから発売さえたDF50は購入しましたし、DD54もどこかが手頃なものを出してくれないかなーと常々思っていたのでした。
そんなおりVOLKSの製造部門である造形村がSRS(SUPER RAIL SERIES)と銘打って0系新幹線で鉄道模型メーカーとして参入し、シリーズ第二段としてDD54を発表したのでした。
DD54は仕様により6次型まで分類されるのですが、私がチョイスしたのは6次型です。この6次型は弁天町に保存されていて私と唯一接点が有り、また特急出雲を牽引した事のあるグループです。DD54は悲運の機関車として知られていますが、この6次型は特急仕業にも就いてDD54としては最も輝いた時代を過ごしたグループだと思います。
模型はDLらしく朱色の箱に収められています。
IMG_5176.jpg

梱包形態は天賞堂のプラ製蒸気機関車の様なブリスターパッケージに収められています。取り出し方も天賞堂のものと全く同じでした。
IMG_5177.jpg
[造形村 DD54 6次型]の続きを読む
いやー「宇宙戦艦ヤマト2199」楽しみですね。

早速BD版をお布施させてもらいました。
PVを見ると土方さんも映っていますね。
いろんな伏線が仕込まれているんでしょうか?
是非彗星帝国との死闘まで是非やってもらいたいものです。


先週末の2/11(土)の事ですが、わが息子が始めての新幹線を体験してきました。いつもは車で帰る大阪の実家ですが、たまには電車で行くのも良いだろうと、以前から出張の度に羨ましがられていた新幹線に乗せてあげる事にしました。
写真は米原駅で通過列車の観察の為に下車したときの様子です。ホーム上にはたくさんの撮り鉄の人達がいました。
DSC00790.jpg

米原駅到着直前の関が原付近では雪景色も見ることが出来ました。
DSC00781.jpg

[初めての新幹線]の続きを読む
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。