鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初回生産時に買いそびれてしまったKATOの近鉄10100系、新ビスタカーをようやくゲットする事が出来ました。10100系は私が5歳くらいまで活躍していた車両で、実家が近鉄沿線だったこともあって憧れの車両でした。ビスタカー3世(30000系)が登場するまでのあいだ近鉄を代表する車両として大活躍していた車両です。 20070530007.jpg
KATO近鉄10100系&MicroAce近鉄10000系
[KATO近鉄10100系新ビスタカー&MicroAce近鉄10000系ビスタカー]の続きを読む
スポンサーサイト
もうすぐKATOからC62が発売されますが、現状ではMicroAceのC62が活躍しています。私が購入したのは晩年の北海道での活躍が伝説となっているC622とC623の二両です。もちろん重連ニセコを再現したいと思って購入したものなので、客車の方もそれなりに見える様に揃えてみました。
20070526011.jpg
[MicroAce C62 2&C62 3]の続きを読む
今日は日頃家事や育児に追われている嫁さんに気分転換してもらおうと、休暇を取って家族サービスで名古屋市にある東山動物園に行ってきました。先週末くらいから晴天が続いていますが、爽やかな風が吹いているので外を歩き回るには絶好の天気でした^^
20070515116.jpg
現在開園70周年記念でライオンを至近距離で見学出来る様になっています^^

[家族サービス時々鉄分補給 ~保存機関車巡り(C6217編)~]の続きを読む
takaさんから以前紹介した天賞堂 C62 2 & C62 3(HO)の動画アップのリクエストが有りましたので改めて紹介します。
まずはじっくり眺めて下さい^^

[天賞堂 C62 2 & C62 3(HO)]の続きを読む
先日takaさんに教えてもらったexciteのDogalogに登録してみました。
実は以前から私も動画をアップしたいと思っていたのでこれからジャンジャン活用していこうと思います^^

今か?今か?と待ちわびた”C62”がKATOのセールスミーティングで販売店向けにアナウンスされた様です!!現在のカタログでC62は山陽線仕様が発売予定品として掲載されていますが、最初は東海道仕様となるようです。しかも44系も新規金型で同時に発売される様です^^
密かに期待していた事が現実になって嬉しい限りです!!
今年で4回目を迎えた名古屋栄の丸栄百貨店で開催された鉄道模型展。すっかり名古屋圏での鉄道模型イベントとして定着した感があります。実は私は第一回から皆勤な訳ですが、初回に比べて人出も増えていますし、女性の姿が目につく様に感じられました。もちろん若いお母さんが子供と一緒に来ていると言う感じですが、子供と一緒になって楽しんでいる様子が見てとれました。最近はメディアでも鉄道関連の番組が多く、漫画やドラマでも取り上げられる事が増えたので一昔前の様に鉄道趣味が女性に敬遠されなくなってきたのでしょうか?

私がこのイベントに参加する理由は新製品のチェックと集合式レイアウトを見てレイアウト製作の参考にしたり製作のモチベーションを上げる事にあります。
会場に入ってすぐに目についたのは鉄道模型の進化を紹介するコーナーで懐かしいTOMIXのキハ58でした。今では製品化されていないキユ25が展示されていました。密かにHG化されないかなぁと期待していたりします(笑)
金属製スカートが懐かしいですね。当時の113系も同じ様な金属製スカートを装備していました。
20070503002.jpg
TOMIX初期のキハ58シリーズのキユ25
[丸栄 名古屋鉄道模型展2007]の続きを読む
天賞堂のC62と言ってもブラス製ではなくプラ製です^^;
この製品、プレスリリースを見たのが2000年頃だったと思うのですが、その時点でC62 2、C62 3、東海道線仕様、山陽線仕様、常磐線仕様の5種がラインナップされていました。当時の告知では2001年春に発売となっていましたが、伸びに延びていました。2003年の6月から予約が開始されましたので秋には発売か?と思わせておきながら結局発売されたのは2004年春と言う有様でした。KATOやTOMIXでも発売延期が度々起きておりますが天賞堂の見通しの甘さに比べれば可愛いものです(笑)資金繰りに余裕が出来るので数ヶ月程度の遅れはむしろウェルカムですね^^ と言う境地に達してしまいました^^;
20070506001.jpg
C62 2 & C62 3 共に北海道仕様の重連
[天賞堂 C62 2 & C62 3(HO)]の続きを読む
レイアウトの基礎となるベースボードの製作が完了したのが昨年の夏。だけどNゲージはこの部屋を一周するだけのレールがなく、直線を往復させるだけのテスト走行程度ですませていました。しかし昨年末にさるえもんさん宅で運転会を行った事に刺激を受けて、手持ちのレールで小さなエンドレスを組んで楽しんでいました。早く部屋を一周させるだけのレールを買えば良かったのですが、実はレールをKATOにするかTOMIXにするかで悩んでいた為にずるずると購入が延びていたのでした^^;
KATOの魅力は
複線間隔が狭くてリアル
大きなRを持つ6番ポイント
幅広のホーム
レールの接続が物理的電気的にガッチリと行えるジョイナー
ローカルホームが格好良い

一方TOMIXの魅力は
ダブルスリップやY字等のポイントの種類が豊富
信号機の種類が豊富
トラス橋やデッキガーター橋が格好良い(個人的な主観)
それぞれの長所は逆に一方の短所となっており、どちらを選択するか、かなり思い悩んだ末に出した結露は・・・
[レイアウト建設計画 ~レールシステムの選択~]の続きを読む
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。