鉄道ネタ中心ですが、PCやカメラ、プラモデルなんかも紹介出来ればと思っています。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
公私ともにバタバタしていて更新が滞ってしまいましたが、チマチマと製作は続けています。
組み立てたボートデッキを取り付けようとしましたが、部品の合いが悪い様で、干渉してしまって填まりませんでした。
IMG_5199.jpg

そこで、側面の壁を少し削ってやったら上手く填まりました。
IMG_5200.jpg

[ハセガワ 1/700三笠 その3]の続きを読む
スポンサーサイト
まずは船体の組み立てから始めます。
三笠は船体が左右に分かれていますので貼り合わせてから、艦底を貼り付けます。
組み立てにはタミヤのリモネンセメントと同じくリモネンセメント流し込み用を使いました。

小学生の頃、接着剤のシンナー臭が母に不評で、一時期プラモデルの組み立てを禁止されていたのですが、この接着剤は柑橘類から抽出された成分で作られていますので、オレンジの香りがするんですね。
30年前に自分に教えてあげたい逸品です。以前のは初期接着力が弱くて使いにくかったのですが、現在店頭で売られているのは改良版で、使い勝手はかなり改善されていると思います。
流し込みタイプも十分な接着力で、これなら家族の不評を買う事なくプラモデルを作る事が出来そうです。
塗料も同じような物が出たら良いのですが・・・

船体が出来たら艦底色を吹きます。
IMG_5117.jpg

まずはそのまま艦底色を吹いて
IMG_5118.jpg

艦底色部分をマスキングして、もう一度軍艦色を吹きます。
[ハセガワ 1/700三笠 その2]の続きを読む
発売されると分かった時からずっと気になっていたハセガワの1/700三笠を買ってしまいました。
IMG_5026.jpg

この時代の無骨な軍艦が結構好きでして、何度か実物を見に行っていたりします。

艦船模型を作るのは久々なので、今回は完成させる事を目指してお手軽に組み立てて行きたいと思っています。
[ハセガワ 1/700三笠]の続きを読む
鉄分もしっかりと補給したところで、そろそろ本題の食品売り場へ・・・と思ったらすぐ横の会場ではこんなイベントが・・・
IMG_5075.jpg

[阪急の日 その3 番外編]の続きを読む
バタバタしているうちにサクっと年を越してしまいました^^;
エッチングパーツでバリバリにディテールアップした作品を作りたいと妄想していますが、艦船模型はかなりのブランクがあるので、子供用に買っていたニチモの30cmシリーズの長門を作ることにしました。
昔は艦ごとに個別のパッケージだったのですが、今はコストダウンの為に共通パッケージになってしまった様です^^;
IMG_4229.jpg
[ニチモ 30cmシリーズ 長門]の続きを読む
小学生の頃に親戚の家に遊びに行った時に年上の従兄弟が見せてくれたウォーターラインシリーズの艦船模型。
すぐにその魅力に取り憑かれてハマッてしまいました。
でも当時は塗装もせずに組み立てるだけで精一杯でした。学生の頃に3隻ほど組み立てた時は筆塗りで塗装したものの、とても満足出来る様な物には仕上がりませんでした。
そうこうしているうちに細密化する為のパーツを純正だけでなくサードパーティからも多くの種類の物が発売される様になってきました。
と言う訳でいろいろ組み立てたい!と言う想いが先走ってしまい、いろいろ買い込んでしまいました^^;
この写真に写っているものだけでなくエッチングパーツもかってありますよ^^
今回は塗装もエアブラシを使って丁寧にやりたいと思っています。
IMG_4221.jpg


それにしても、最近は艦コレ人気の影響で、ネットで軍艦の艦名で画像検索すると、萌えフィギュアとかコスプレした女の子や衣装の画像ばかりが上位に出てきて焦ってしまいました^^;
いや可愛いから良いんですけどもw

【再生産】1/700 日本海軍航空戦艦 伊勢 1944年10月【特-39】 【税込】 フジミ [F トク39 ニホンカイグン センカン イセ]【返品種別B】【RCP】

価格: 2,268円
(2015/12/29 00:47時点 )

感想:1件

1/700 日本海軍航空戦艦 伊勢専用エッチング【Gup31】 【税込】 フジミ [F Gup31 イセセンヨウ エッチング]【返品種別B】【RCP】

価格: 1,450円
(2015/12/29 00:47時点 )

感想:0件

先日記事を書いた静岡ホビーショーに行った一番の目的は鉄道模型の新製品(先日の丸栄では発表されなかったもの)を確認する事でしたが宇宙戦艦ヤマト2199関連商品がどうなっているのかも気になっていたのでした。
先月くらいのホビージャパンで1/1000の統一スケールでヤマト以外にもシリーズ展開するという事が書かれていたので、じゃあ実際のところどうなっているのかバンダイの中の人にも聞いてみようと言う事で行ってきました。
早速バンダイのブースに行くとダンボール戦記とガンダムAGEが前面に展開されていました。
やはりガンダム関係強しでZやUCなどの展示もかなり目立っていました。

で、肝心のヤマトコーナー。ちゃんと有りましたよ!
IMG_5738.jpg

[静岡ホビーショーで宇宙戦艦ヤマト2199のプラモデルを見てきました。]の続きを読む
最近仕事がとても忙しくてなかなか気合いを入れて模型をいじる時間が無くてストレス溜まり気味です^^;
以前から息子が宇宙戦艦ヤマトに興味津々なので先日購入しておいたヤマトのプラモデルを作ってみました。私も小学生の頃にたくさんお世話になったメカコレクションシリーズです。これ当時は100円だったので小学生のお小遣いでも地球防衛軍艦隊が作れたんですよね。アンドロメダとか主力戦艦を嬉々として作っていたのを思い出します。あれからもう30年、年が経つのは早いですね^^;
ちなみに今でも定価で200円ですから、バンダイもなかなか頑張ってくれています。某WLシリーズの値上げっぷりからすると奇跡とも言える値段で頑張ってくれていますね。少し大きめのやつは私が小学生当時の時の値段のまま売ってますもんね。そういえばガンダムだって昔のシリーズは値上げしていません。

作り終えて思ったのは結構細かい部品が多くて難しいなぁと言う事。当時は大した工具もなく、ピンセットすら使っていなかったのに良く作れたなぁと自分でも感心してしまいました。
出来上がったものを息子に見せたら「ヤマトの赤い部分が無いよ?」と一言。
塗装しろって事ですかい?
確かに成形色のテカテカのグレーではイマイチ感が有ります。最近は彩色済みの食玩も増えてきているので余計に残念な感じがします。ここはひとつお父さんの威厳を保って尊敬の念を高める為にも塗装してやるかと言う事で塗装してみました。
使用した塗料は赤色にMrカラーのキャラクターレッド。通常のレッドより少し暗めの色調で、ヤマトのイメージに丁度合うなと思って選びました。グレーの部分はタミヤアクリルカラーの軍艦色(佐世保工厰)を使っています。マスキングのやり易さから最初にキャラクターレッドを煙突と艦底に吹いてから軍艦色を吹きました。

IMG_4122.jpg
ちょっとローアングル気味で撮影してみました。
[ちょっと息抜きにヤマトを作ってみました]の続きを読む
前回の更新から少し時間が経ってしまいました^^;
先の記事でも述べた様に、今回はエッチングパーツ(以下EP)を使ったディテールアップをしています。技MIX専用のEPセットがオプションとなっていてEP初心者でも戸惑わない様に様々な配慮がされています。もちろん塗装済みですよ!
IMG_2866.jpg

[TAKARATOMY  技MIX戦艦大和 その4]の続きを読む
私が小学生の頃、WLシリーズは比較的安価だったと書きましたが今では当時の4倍くらいの値段に跳ね上がってしまっています。250円だった駆逐艦が1000円弱もするんですよ!!500円だった軽巡洋艦も2000円以上ですからね。久々にWLコーナーを覗いてみたときはびっくりしてしまいました。こんな値段になってしまったら子供はまず作ろうとは思わないですね。最近は1/350サイズで新製品が続々と登場している様ですが、これらは重巡洋艦でも1万円超えですよ。子供の頃に艦船模型に慣れ親しんだ30代、40代が主な購入層ではないでしょうか?何が言いたいかと言うと、艦船模型も近い将来なくなってしまうなぁと言う事です。若い世代を育てない事にはこのジャンルに未来は無いでしょうねぇ^^;

さて話は大和に戻ります。まずはシールド付き高角砲の組み立てからです。エッチングパーツ(以下EP)セットを購入しているので高角砲も左右可動化させる事が出来ます!しかし、はめ込みが異様に固くて無理にはめ込もうとしていたら・・・ポキっと折れてしまいました。まだ一番最初の工程であるにも関わらず部品と共に私の心も折れてしまいました(泣)
IMG_2859.jpg


[TAKARATOMY  技MIX戦艦大和 その3]の続きを読む
SEO対策:鉄道 SEO対策:鉄道模型 SEO対策:鉄道写真 SEO対策:乗り鉄 SEO対策:撮り鉄
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。